東京で人気の泌尿器科でタダリス処方
医師と看護師

泌尿器科でタダリスを処方したとしても出来ない理由について知りましょう。

EDだからといって諦めるのは早い

諦めない男

男性器が性行為中に勃起しなくなってしまったり、勃起しても長時間維持できなかったり、挿入できても中折れしてしまうという症状はED(勃起不全)という病気の可能性があります。
そのため、一度そのような症状を経験してしまうと、男性としての自信を喪失してしまい、女性との出会いや性行為を「EDだから」などと諦めてしまいます。
しかし、EDだからといって諦めるのは早いです。
なぜなら、EDは治療可能な病気だからです。
EDにも様々なタイプがあり、心因性から来るものや生活習慣からくるものなどがあります。
心因性の場合、プレッシャーや義務感やストレスから来ることが多く、これらは障害を排除することで完治が可能です。
生活習慣については、生活習慣を改善することで解決することができます。
一番やっかいなのが、神経に障害がある場合です。
交通事故などで神経を傷つけてしまった場合、正しい信号が脳に送られなくなりEDになる場合があります。
その場合は、専門医と正しい治療方法を模索し解決する必要があります。
また、加齢によりEDになる場合もあります。
それらもすべて病院で専門医と相談することで解決することができるので、もし悩んでいるのであれば一度病院に行くと良いでしょう。